So-net無料ブログ作成

若い力

「若い力」。実にいい響き。もう若い範疇に入らないから、なおさら心地よい響きなのかもしれない。本日は1日中かけて、絵画の展覧会や音楽発表会に行った。みんな若い人たち。若い人の作品は、何か違う。同じ場所に展示された高齢の方との作品とは違う。何が違うのかと問われても、わからない。理屈なく違うのだ。描いた作品の主題や題材が絵から飛び出てくるのだ。まるで「飛び出す絵本」。エネルギーが湧いて出てくる。じっとして絵を見ていると、倒されてしまうくらいのパワーを感じる。一方、若い力による楽器演奏。バイオリンの音色が鋭い。トランペットの高音が耳に刺す。刺された耳は、これまた心地よい。そして、正確な音を出そうと必死に演奏するが、たまに音が外れる。それが、また心地よいし、許される。それが若い力。今日は一日中、若い力を浴びてきた。太陽の光以上に、体にいいこと間違いなし。いや、心にいいこと間違いない。そんな思いを書いていたら、ドイツの元首相コール氏が死去したニュース。ドイツ統一の立役者。若い力を感じながら。。。

大人の世界

大人の世界。子どもの頃は「憧れの響き」だった。大人になった今、世の中の情勢を踏まえると、「見苦しい響き」しかない。何故だろうか。国会の外では「反対!反対!」のコール。国会の中では「賛成!賛成!」のコール。この矛盾。でも現実の世の中。今回の件に加えて、最近想うこと、「短期的中期的長期的展望なき日本」。生徒には「計画性をもっていけ」「もっとビジョンをもって進め」などと言っているが、国会の方々にも、同じ文言を贈りたい。年金問題しかり、少子化問題しかり、格差問題しかり。みんな予想のついていた課題。先読みのできない方々がたくさんいる国会。こんなことを呟いていたら、ブラックリストに載るでしょう。そんな法案が成立した。日本中が「自分ファースト」。幼少期から口うるさく亡き母に言われた。「自分よりも人。人に尽くせ。尽くして尽くして尽くしきれ」。今の状況で、墓前の母に会わす顔もない。今日も「自分ファースト」がそこら中にはびこっている。「やってくれて当然」「えっ?こんなことも出来ないの?」「これ説明責任でしょ」などという言葉が飛び交う現代社会。こんな時だからこそ、「他人ファースト」の見解をもちながら、長期的な展望の下、前に進みたい。そんなことを考えていたら、テレビでは文科大臣が謝罪していた。一言。「醜い」。子どもが憧れていた大人の世界を取り戻したい。今の大人は、かつての子ども。Do you remember? When you were young, your Mam and Pa seemed so tall. ジョンレノンのRememberが思わず浮かぶ。そんな「憧れる大人」になりたい。。。

抜歯の後は。

欠けて半分抜けてしまった歯のあとを追いかけるように、残された歯も歯医者さんの手によって、なくなってしまった。久しぶりの苦痛。麻酔は何回かやってくれたので、激痛ではなかったものの、止血が難しく、歯肉を縫ってもらい、30分間つめた綿を噛み続けるはめに。こんな状況になって、やはり歯は大切と痛感する。一番奥歯でさえ、こうな状況ということは、いわゆる「親知らず」の抜歯は想像以上だろう。私には経験はないし、これからも経験しなくていいのなら、絶対に遠慮したい。しかし、歯医者さんの手際の良さには、感謝・感謝。一種の怪我・外科なので、時間がくれば治癒するだろうが。今日は、おとなしくしていることに決めた。ゆっくり横になって、本でも読むつもり。幼いころ、奥歯が生えてきて、親が喜んでいる顔が浮かび、「ごめんなさい」と呟き、夜を迎える。早く朝にな~れ。

歯、ロスト。

歯が抜ける夢をみた経験はあるでしょうか。何か大きな仕事任され、今一つ自信がない、といった心理状況でよくあることらしい。そういえば、見ることが多い。うがいをするたびに、歯がなくなる。夢の世界でない現生では、歯ぎしりをしているに違いほど結構力が入り、抜ける。まあ、夢の中なので、自己分析に活用する程度でいいか、と軽く考えていた。昨日の夜、歯磨きをした。うがいをした。奥歯が見事に抜けた。多少の出血があったものの、夢かと思い、またうがい。抜けた歯を手に取りじっくり観察。本物だ。夢でない。いわゆる歯周病で一番奥歯に悩まされていたことを思い出す。「まあ、いつか抜けてしまうこともありますよ」と5年くらい前に歯科医がいったことを思い出したが、手遅れだった。朝おきて、昨日の出来事を再度確認。しっかりと抜けた歯がテーブルにあった。しかも半分状態。ということは残り半分はまだ残っているということ。歯医者に予約を入れた。現実の世界は、こわい。歯、ロスト。歯だけでなく、心までロストの状態。困ったものだが、心配が的中してしまった今日このごろ。ロストの歯を見ながら、残りの歯を大切にしたい決意を固めた。もう、抜ける夢はみたくないが。。。