So-net無料ブログ作成

台風一過

台風21号が関東に上陸した。台風上陸で得した人はいる?そうです、彼でしょうね。国政選挙の投票率は前回の最低数字よりは若干上回ったものの、60越えはしない程度。結果は。。。前もって進路が分かりそうで分からないのが台風。前もって分からなそうで分かるのが選挙結果。一票の重さを身にしみながら、用紙に気持ちをこめて投票する。立候補者は、どれくらい感じているのだろうか。禊選挙だの、世襲選挙だの、出直し選挙だの、リセット選挙だの。。結局、結果は結果。大統領制と違い、議院内閣制は日本の政治体制。岩倉を筆頭に、幕末明治初期に必死になって欧米諸国を歴訪し、政治体制の見本を探しまくった、あの時代。結果として、英国型の議員内閣制をしくことに。自分の期待を込めて投票した議員が国会に出向き、所属する政党の党首が内閣総理大臣指名により総理に。総理は国民には選べない。そんな議員内閣制だが、大統領制は直接選挙であるがゆえに権限が強くなる。議員内閣制の総理大臣は、大統領ほど権限はない、はず。「はず」も解釈で解散権を行使する。なんだか、自分のことしか考えず、目の前のことしか考えない日本人増殖中。せめて5年、10年先の日本のイメージをもち、数字で具体的に政策立案してほしい。それが選ばれた信託された胸にバッジをつけた方々のミッション。ミッションはどんなことがあっても遂行するもの。さて、次の選挙はいつ?そんなことより、与党に対する野党の行く末はいかに。まだまだ、いや当分目が離せない日本。ハゲ―!などの今年の流行語の方が今の私の関心事。台風一過。道路には沢山の落ち葉。なんだか選挙で×だった方々に姿が重なった。さて、ギターでも練習しようかな。
nice!(0)  コメント(0) 

悩み多き年ごろ

50も半ばに差し掛かると、いろいろな思いが湧きでる、そんなお年頃。まずは、今までの人生を振り返る。沢山の分岐点、時には複雑な絡み合った分岐点を自分で選んで進んできたはず。人は結局、こんな風に分岐点を通過していくものだと思う。分岐点を超え、今があるのだが、分岐点の選択は正しかったのか否か、常に悩む。分岐点の選択が今につながっているのだが、今を後悔すれば、選択が間違ったという証になってしまう。だからと言って、選択が間違いなかった、と言い切れるほど自信はない。そんな、過去に戻って自分を振り返る50も半ば、というお年頃。そして、これからの自分探し、これまた大きなテーマに直面するのも、50の半ばと言えるだろう。過去の時と同じように、分岐点での選択はこれからも続く。しかし、今までと違うのは、ある程度のゴールを設定した上での分岐点選択、ということだろう。60代・70代、くらいまでの自分のゴールをどう設定するかかが、大きなカギだと思う。80代とあえて書かないのは、未知の世界80代だからである。現職を無事に終え、さて、次なるステージへと考えるに、どんなゴール設定をすべきか。それは自分だけでなく、妻との自分・息子との自分・娘との自分といったゴールを考える必要がある。悩み多き年ごろである。過日、まだ早いとは思いながら、退職セミナーなる研修会に出向いてみた。そこには多くの先輩方が参加されていたが、今となっては参加して正解であった。収穫は、「悩み多き年代」になれたことだ。今までは、こんなことも考えもしなかった。周りには沢山の先輩がいるが、定年を前に体や精神に思わぬ痛でを負った方もいる。ゴールが見えると安心するのか、体が正直なのか、今までの無理がたたったのか、おかしくなることもあるようだ。とにもかくにも、今の私のテーマは、今後の自分のゴール設定に多くの関心がある。その一方で、こんなことを考えさせてくれた、今までのお世話になった大勢の方々との出会いにも感謝である。この年になると、本当に人と人のつながりは大事だし、これからも大切にしたい。ところで、今後のゴール設定の中の1つに、バンド活動もある。様々な方々から、「凄いね」「よく続くね」などと揶揄されるが、当事者としては、なんとなくここまで来た、という実感しかない。人と人のつながりのお陰でもある。今日も出張で、昔一緒に仕事を同じくした方々と再会する機会があったが、人と人のつながりを感じた一日であった。偶然ではなく、必然。そんな言葉が私は好きだ。現実の世界に戻ると、11月23日のライブの練習のことだけ。リンゴ特集第二弾。リンゴも50半ばの頃、同じように「悩み多き年ごろ」を過ごしたのだろうか?窓の外は、もう暗くなった。。
nice!(0)  コメント(0)