So-net無料ブログ作成

成人式に想う

長男が成人になった。感動は計り知れない。そう私も馬鹿親だから。それだけではない。幼少期から課題があり、手帳をもちながらの人生を歩みはじめ、20年が経過した。最初は子の状況を受け入れ難い時期があった。しかし、妻の母親からの観点での早期の見立てで、「間違いない」ということになった。そういう意味では、周りの子どもたちとは異なる「特別な」人生を歩むこととなる。今でこそ、我が子については、分かる方には色々と話すことができるようになったが、当時は周りに話すというような時間的な余裕も、心のゆとりもなかった。そんな親の心を知ってか、彼はゆっくりではあったが、着実に確実に成長していった。1つ1つ出来ることが増えていく。周りの同年代の子供とは違うが、確かに前に進んでいってくれた。とともに、我々家族も成長させてくれた。彼に感謝である。彼がいなければ、彼が「普通の子」であったら、今の私はいない。幼稚園・小学校・中学校・高等学校と進むにつれ、課題も変化してきた。出来るようになったがゆえに、また新たなる課題が生まれる。その繰り返し。しかし、彼は真っ直ぐだ。野球でいえば、直球しか投げないし、直球しか打たない、そんな「分かりやすい子」でもある。周りの方々は、大変だったね、大変ですね、と労いの言葉をかけてくれる。しかし、当事者の私たち家族は、大変だとは思っていない。「分かりやすい子」を横目に、これから待ち受ける社会の事象や状況にワクワクしていたい。まだ見えない不安ではなく、まだ見えない未来の可能性を待ち焦がれていたい。本日、世間とは違い1日早い「成人式」を所属していた学校で企画していただき、参加させていただいた。昔の時代や時期のことを想いながら、今の彼と先生方と友人と一緒にいる、この瞬間を心から大切に思い、感謝の気持ちでいっぱいになった。人は本当に感動すると、言葉がなくなる。そんなことを身をもって感じた瞬間だった。かわいがられる大人、かわいがられるお爺ちゃんになって欲しいと妻が参加者を前に述べた。私も同感である。当たり前のように学校を卒業し、大学に入り、企業人になって、結婚をして家族をもうける。そんな道とは全くことなるルートであったこと、こうして成人式を迎え、皆から祝福を受けている息子の姿を頼もしくも、愛おしくも感じる。そんな素晴らしい成人式だった。次は10年後、30歳になった息子を成長が楽しみである。ジョンンも歌ったように Grow old along with me 共に成長し続けいこう。息子に感謝。娘に感謝。そして妻に感謝。最後に、一緒に歩んできた自分に感謝。
nice!(0)  コメント(0) 

What I feel in this new year 2018

A new year has begun. I wonder what this year will be like. Anyone wishes a good one in this year. No one wishes a bad year. I'm thinking what I will be and I will work and live for. My own world will go
around in the center of my famileis. A new year has begun. We have a lot of opportunities to
change ourselves. We have 365 times to change ourselves from now on. I do hope that I will be able to say "Oh, we had a best year in 2018" at the end of 2018. Try to develop ourselves from today. A new year has begun. Everyone, a happy new year in 2018!!
nice!(0)  コメント(0) 

いにしえの都にて想う。

いにしえの都、奈良に年末家族旅行にいく。このところ毎年、北陸や京都などの年末ツアーを行っている。今回はAncientな日本。京都とは違った趣の奈良。しかも年末で団体客もいない、マニュアックな観光の場所へと急ぐ。中学校の修学旅行以来の薬師寺にも足を運ぶ。また今まで何故かスルーしてきた唐招提寺にも行く。大日如来・薬師如来・四天王・十二武将などなど魅力的な見ごたえある仏像ばかり。秋に仕事でいった京都の東寺にも足を運ぶ。立体曼陀羅の圧倒的な迫力には毎回ノックアウトされる。今回は、古墳群にも行く。高松塚古墳・キトラ遺跡・石舞台遺跡などなど。さすがに東大寺や興福寺は外人観光客も多く目につくが、京都ほど鼻につくことはないので、安心しながら散策。家族写真も外国人の方にお願いするほどの余裕。興福寺の阿修羅や薬師寺の東塔、唐招提寺の本堂・宝物殿などは改修中で見ることができず。しかしながら法隆寺のそばの茶屋で「柿の葉寿司」を堪能したり、薬師寺の日光・月光菩薩をじっくり眺める。こんなに幸せな時間はない。観光地観光地されていない奈良は、いにしえの都ゆえのことだろう。威厳というか威嚇というか、他を寄せ付けないような雰囲気。いにしえの都に行った甲斐があった。古いものは良い、また古いようだが新しい。まるでロック界のビートルズそのもの。ビートルズと奈良、なんか共通点がある。
nice!(1)  コメント(0) 

地元、埼玉県のライブハウス「レトロポップ食堂」開拓!

12月9日ジョンの命日の翌日、地元埼玉県は東松山市のライブハウスにお世話になった。レトロポップ食堂、という不思議な空間。基本はレストラン風。でもライブハウス。今回は練習しているスタジオに貼ってあったポスターがきっかけ。様々な手段で時間もかかったものの、人と人のつながいで、今回のライブ実現となった。私たちもふくめ3バンド。出演費はPA管理費で3千円?!私たちのバンドは5名ですので、一人頭500円。しかも演奏時間のみで40分。さすが埼玉県!!今回は昔の級友やお世話になった方々に声かけをさせていただき、大勢の方々が観に来ていただいた。感謝である。といってもライブ。ハプニングがつきもの。ベースの弦が本番1分前に切れたり、メガフォンのスイッチを間違えたり。。。まあ、だから楽しいライブなのかもしれない。今回はあまりマニュアックにならないように気をつけて選曲。それもよかったのかもしれない。仕事の姿とライブの姿のギャップ。そこがたまらない。両方とも「自分」。両面性があるといわれても、人は1面だけではない。色々な顔があるから楽しい。そんな違った面の自分になること自体が楽しい。2月には下北沢ブレスからのオファーで「リンゴ特集最終章」、そしてイベントで5月は出演する予定。人と人のつながりは限りない。どんどん広がっていく。しかも自分ではなく、つながった人が広げてくれる。ありがたいこと。これからも開拓していきます。音楽は人と人を結びつけるツール、かもしれない。。。
nice!(1)  コメント(0) 

リンゴ・ファン、万歳!

大塚ウェルカムバックでの第120回ビートルズ大会が終わった。2番目に登場した我がバンド、今回はリンゴに特化したリンゴ特集。1番目がポールに特化していたので、違和感がないかなと思いながらも、リンゴに特化というのは、かなりの不安。ところが大歓迎だった。そう、お客さんの中に熱烈なリンゴファンの方がいたのです。ありがたや、ありがたや。しかもその方もリンゴが好きすぎて、ドラム教室に通っているとか。演奏終了後、熱い握手を求められ、まんざらでもない私。恐るべしリンゴパワー。ちなみに、そのファンの方は、選曲まで見抜いていて、最後のWalk with youはノリノリでした。またしてもビートルズファンの凄さを肌で感じる出来事となりました。ところで数日後、職場に歌手のDef TechのMicroさんを呼び講演をしていただいた。話下手だから、と謙遜されていたが、まったくそんな心配はなし。涙を流して聴き入っていた生徒の姿を沢山見ました。音楽で平和を築けるか、ジョンレノンでさえ変えることができなかった世界。そんなテーマの講演会。途中で歌を歌っていただいた。「頑張らなくていい」身にしみた。そんな歌い方ができる人になりたい!
nice!(0)  コメント(0) 

It don't come easy

It don't come easy. なんとかなるもの。最近話題の中高生SNS。「死にたい」という掲示板や投稿。内面を外へさらけ出す。身の回りの近い友人、SNSで会ったこともない友人。よーく考えてみましょう。会ったこともない友人、自分のツブヤキを誰だかわからない人にみせる心情。どうして、身近な友人とぶつかろうとしないのか。どうして傷つくこともある場面を出来るだけ避けるのか。面倒なことは避けたい、自分のプライドや自己肯定感にまで踏む込まれたくない、そんな方々は増殖している。よーく考えれば、子どもは大人の真似をしているだけ。大人の歪んだプライド維持欲求が問題なのかもしれない。自分の意見をいう、イエス・ノーという。こんなことも言えない状況をただただ憂う。自分の意見も言わないで、他人の意見をうかがう。なんて図々しいことか。100回自分を開示して、やっと他人は1つは本音をいう、そんなもんです、人間は。頑張れ大人、本音でいこう大人。そんな私も実は。。。。深刻な状況を子どもだけの現象と捉えるのは、もうやめませんか。すべて大人の現状を子どもたちが真似しているだけ。子どもは純粋です。大人は不純です。誰かが自分のピンチを呟く、そして誰かが共感し、同情し、近づく。同情するなら金をくれ、と昔ドラマで流行ったセリフ。It don't come easy.なんとかならないこともあるでしょう。何とかなることと、何ともならないこと、この2つが入り混じっているのが人生。空海も最澄も、みんな悩んで大きくなった。若者よ、大志を抱こうではないか。しっかり問題に自分でぶつかっていこう。そんな見本になる?大人になるよう頑張りたいが。まあ、まずは11月23日のライブを極める!It don't come easy. Let's come together!
nice!(0)  コメント(0) 

芸術の秋

とうとう今年も11月になってしまった。Time flies like an arrow.である。あと2カ月で2017年も終わる。今年はどんな年だったかな、と振り返る時期でもある。ライブが近づいた。11月23日がまず初め。特にリンゴに焦点をあてたライブで、結構珍しいと自負しているギグである。迷いに迷った結果、ビートルズ時代のリンゴは1曲のみ。あとはソロ時代の曲。しかし、テーマは「With a little help from my friends」友人の手助け。解散後もソロ時代はリンゴほど他のメンバーと交流を続け、サポートまでしてもらったメンバーはいないだろう。世間には、そんな人がとても重要である。いわゆる中和剤的な方である。この世の中、中和剤的な存在が稀になってしまった。だれでも利害関係なく付き合える人、だれにでも相談を受ける人、そんな人に憧れを抱く。個性もアクも強いジョンやポール、そしてジョージを、ある意味でコントロールしていたのだから。そんなメンバーにサポートされた曲をいくつかライブで演奏する。どんな想いで聴いていただけるか、楽しみである。と言っても翌日には海外出張するメンバーもいるので、演奏後は早々と会場を後にしなければならない。11月ともなれば秋のど真ん中、いや終盤である。学校でも様々な発表会や演奏会、展覧会や展示会の嵐である。作品を一生懸命に魂を込めてつくり、人に見てもらう、人に共感を感じてもらう。素敵な芸術のミッション。そんな素敵な演奏をするために、昨日も練習。やればやるほど音楽の深さや難しさを感じる。11月が終われば、12月9日の地元埼玉は東松山でのライブも控えている。様々な方々に支えられて私たちメンバーもやってきたことを胸に刻み、前へ前へと進む。そんな芸術の秋。秋。
nice!(0)  コメント(0) 

台風一過

台風21号が関東に上陸した。台風上陸で得した人はいる?そうです、彼でしょうね。国政選挙の投票率は前回の最低数字よりは若干上回ったものの、60越えはしない程度。結果は。。。前もって進路が分かりそうで分からないのが台風。前もって分からなそうで分かるのが選挙結果。一票の重さを身にしみながら、用紙に気持ちをこめて投票する。立候補者は、どれくらい感じているのだろうか。禊選挙だの、世襲選挙だの、出直し選挙だの、リセット選挙だの。。結局、結果は結果。大統領制と違い、議院内閣制は日本の政治体制。岩倉を筆頭に、幕末明治初期に必死になって欧米諸国を歴訪し、政治体制の見本を探しまくった、あの時代。結果として、英国型の議員内閣制をしくことに。自分の期待を込めて投票した議員が国会に出向き、所属する政党の党首が内閣総理大臣指名により総理に。総理は国民には選べない。そんな議員内閣制だが、大統領制は直接選挙であるがゆえに権限が強くなる。議員内閣制の総理大臣は、大統領ほど権限はない、はず。「はず」も解釈で解散権を行使する。なんだか、自分のことしか考えず、目の前のことしか考えない日本人増殖中。せめて5年、10年先の日本のイメージをもち、数字で具体的に政策立案してほしい。それが選ばれた信託された胸にバッジをつけた方々のミッション。ミッションはどんなことがあっても遂行するもの。さて、次の選挙はいつ?そんなことより、与党に対する野党の行く末はいかに。まだまだ、いや当分目が離せない日本。ハゲ―!などの今年の流行語の方が今の私の関心事。台風一過。道路には沢山の落ち葉。なんだか選挙で×だった方々に姿が重なった。さて、ギターでも練習しようかな。
nice!(0)  コメント(0) 

悩み多き年ごろ

50も半ばに差し掛かると、いろいろな思いが湧きでる、そんなお年頃。まずは、今までの人生を振り返る。沢山の分岐点、時には複雑な絡み合った分岐点を自分で選んで進んできたはず。人は結局、こんな風に分岐点を通過していくものだと思う。分岐点を超え、今があるのだが、分岐点の選択は正しかったのか否か、常に悩む。分岐点の選択が今につながっているのだが、今を後悔すれば、選択が間違ったという証になってしまう。だからと言って、選択が間違いなかった、と言い切れるほど自信はない。そんな、過去に戻って自分を振り返る50も半ば、というお年頃。そして、これからの自分探し、これまた大きなテーマに直面するのも、50の半ばと言えるだろう。過去の時と同じように、分岐点での選択はこれからも続く。しかし、今までと違うのは、ある程度のゴールを設定した上での分岐点選択、ということだろう。60代・70代、くらいまでの自分のゴールをどう設定するかかが、大きなカギだと思う。80代とあえて書かないのは、未知の世界80代だからである。現職を無事に終え、さて、次なるステージへと考えるに、どんなゴール設定をすべきか。それは自分だけでなく、妻との自分・息子との自分・娘との自分といったゴールを考える必要がある。悩み多き年ごろである。過日、まだ早いとは思いながら、退職セミナーなる研修会に出向いてみた。そこには多くの先輩方が参加されていたが、今となっては参加して正解であった。収穫は、「悩み多き年代」になれたことだ。今までは、こんなことも考えもしなかった。周りには沢山の先輩がいるが、定年を前に体や精神に思わぬ痛でを負った方もいる。ゴールが見えると安心するのか、体が正直なのか、今までの無理がたたったのか、おかしくなることもあるようだ。とにもかくにも、今の私のテーマは、今後の自分のゴール設定に多くの関心がある。その一方で、こんなことを考えさせてくれた、今までのお世話になった大勢の方々との出会いにも感謝である。この年になると、本当に人と人のつながりは大事だし、これからも大切にしたい。ところで、今後のゴール設定の中の1つに、バンド活動もある。様々な方々から、「凄いね」「よく続くね」などと揶揄されるが、当事者としては、なんとなくここまで来た、という実感しかない。人と人のつながりのお陰でもある。今日も出張で、昔一緒に仕事を同じくした方々と再会する機会があったが、人と人のつながりを感じた一日であった。偶然ではなく、必然。そんな言葉が私は好きだ。現実の世界に戻ると、11月23日のライブの練習のことだけ。リンゴ特集第二弾。リンゴも50半ばの頃、同じように「悩み多き年ごろ」を過ごしたのだろうか?窓の外は、もう暗くなった。。
nice!(0)  コメント(0) 

私のルーツ

先日父と家族を連れだし、古くからお世話になっている方を訪ねた。一番訪問を望んできた母がいないのは、非常に残念だったが、あっという間の3時間の再会であった。私は幼少期、大田区の古アパートで育った。まさに労働者の町、下町であった。新婚時代に過ごしたアパートで私は生まれた。そこには同じような年齢のワンパク連中や乙女がたくさん住んでいた。お互いに子どもを預けあったり、世話したり、下町にありがちの風景の中で私は育った。アパートをでた道には側道があり、蓋もしてあったが、どぶ川が流れていた。幼稚園への入園を期に、所沢の地へ移転することとなるまで、いわゆる私のルーツは下町だった。そんなお世話になった方々の中でも一番お付き合いが深かった方を今回は50年ぶりくらいに訪ねた。50年ぶりというのは、そのご主人とは50年だが、他の娘さんや奥様(おばさん)たちとは、何年かに1度は会っていた。母の死を期にして、思いきって手紙を出してみた。しばらくたっても返事がない。こちらが気にしているほど気にかけていないのかな、かえって負担になっているのかな、もうこちらから返事を期待するのはやめよう、と思っていたときに、思わぬ電話をいただいた。「会いましょう」というお知らせだった。日程を調整して、家族にも告げ、父を連れてそのお宅へ訪問した。一家全員で玄関でお迎えをうけた。涙がこぼれた。今までの思いがはちきれた瞬間だった。母の分まで涙した。あっという間の3時間。再会を約束して、年老いた恩人のご夫婦や娘さんたちとお別れをした。家の角の道まで、足が悪いのにもかかわらず見送っていただいた。「また来てね」ということばに、また涙があふれた。私のルーツの方々。アパートの裏の銭湯に、私を連れて一番風呂に入れてくれた恩人。父曰く、お前の第二の母親だ。まさにそうである。しかも、今回の訪問で初めて知ったことだが、父も恩人のご主人も同じ昭和3年1月生まれ、しかも母同士が昭和8年生まれ。そんな境遇が、50年たっても強い絆となっているのだろう。今もアパートのあった京浜急行のある駅。京浜急行の朱色のボディーを見ると、今でもあの時代に戻る。懐かしき良き時代、私のルーツになった京浜急行。近くの海の潮の香りが、今も忘れることができない。体に焼き付いている記憶。恩人のおばさん曰く、「朝起きて、アパートの2階
からゆっくりと1階に下りてくる幼児の足音、そのうち自分たちの部屋に入ってくる幼児の顔、それが、あなた」。そんな幼児期を過ごした下町、今はもうなくなったアパート。母がなくなる前に、長男と父と母とアパートの跡地に訪れたことがある。その当時から商売をされている八百屋さんのご主人夫婦と母が、いつまでも長話をしていたことを思い出す。「また連れてきてね」と言った母。かつて存在していたオールウェイズの世界のような古びた威権のあるアパート、今はどれも、いない。しかし私の心には残り続ける。まるで、ジョンレノンのインマイライフのような景色が私の心の中にある。私のルーツ。。。。。
nice!(0)  コメント(0)