So-net無料ブログ作成

高齢者の力

数年ぶりに93歳になる叔母を訪ねた。従妹の年賀状を見て気になっていた。思い切って従妹に連絡をして、叔母のホームで落ち合うことになる。昼頃に合流する予定であったが、11時には到着し、叔母と様々なことを話す。懐かしいせいなのか、誰と認知していたからか、周りの雰囲気なのか、涙を時折ぬぐう叔母。それを見てもらい涙をする私。しばらくして従妹たちが合流。昼食を叔母は済まして、部屋でみんなで盛り上がる。やはり懐かしい空間。基本的にはみな変わりない。3時間近く滞在したホームを後にする。いきなりホームのエレベーターが電気停止で閉じ込められることを除いて、大きなハプニングもなくみんなで遅い昼食。やはり昔の話をするかと思いきや、高齢者・障害者の話が話題となる。いわゆる弱者についてみんなで話した。そのあと、母の眠るお墓へ向かう。きっと母も叔母と同様に喜んだことだろう。そんな体験をさせてくれた叔母に感謝。高齢者の力である。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。