So-net無料ブログ作成

神の見えざる手

ごく最近、ある方のお通夜に出向いた。60前の若いお方。ご家族もさぞかし悲しんでおり、想像を超える状態とお察しできる。葬儀場には次から次への人が集まる。会場に入りきれないで、控室が何部屋も準備されお焼香の会場へとつながり、誘導される。突然の病に人生にピリオドをつく。なんという悲しさ。しかし、現実でもある。これだけの惜しんで訪れる人の数。故人の人柄を象徴するかのよう。事実、素晴らしい方だった。人の一生は決められている。たぶん。自分の意志とは関係なく。だからこそ、思いっきり自分の人生を謳歌したい、と思うが、ままならないことのほうが多い。時を同じくして、日本の水泳界のスーパースターが病を発表。実に衝撃的。「神様は、乗り越えなれない試練は与えない」とご本人の弁。18歳とは思えない、心の心境。昔から、私も同じことを考え、また感じてきた。今の自分の状況。今の自分の置かれている環境。今の自分が直面している課題。すべて、神の手によるものと感じる。いや、そう感じたい。自分だけ不幸と思いがち、こうなったのは君のせいだと他人に責任を負わせがち。1つ1つ潰れそうになっても、課題を解決していく。いや、解決できなくても、自分のこととしてとらえることが大切だろう。マスコミをはじめ、政治家までもが、他人事のように扱っている。そっとしてあげるが一番。神の手によって与えられた状況は、本人の手によってしか解決できない。人生修行。腐らず、今を受け入れ、今を楽しむ。そんな人生観を再認識して、ものを思う。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。