So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

私のルーツ

先日父と家族を連れだし、古くからお世話になっている方を訪ねた。一番訪問を望んできた母がいないのは、非常に残念だったが、あっという間の3時間の再会であった。私は幼少期、大田区の古アパートで育った。まさに労働者の町、下町であった。新婚時代に過ごしたアパートで私は生まれた。そこには同じような年齢のワンパク連中や乙女がたくさん住んでいた。お互いに子どもを預けあったり、世話したり、下町にありがちの風景の中で私は育った。アパートをでた道には側道があり、蓋もしてあったが、どぶ川が流れていた。幼稚園への入園を期に、所沢の地へ移転することとなるまで、いわゆる私のルーツは下町だった。そんなお世話になった方々の中でも一番お付き合いが深かった方を今回は50年ぶりくらいに訪ねた。50年ぶりというのは、そのご主人とは50年だが、他の娘さんや奥様(おばさん)たちとは、何年かに1度は会っていた。母の死を期にして、思いきって手紙を出してみた。しばらくたっても返事がない。こちらが気にしているほど気にかけていないのかな、かえって負担になっているのかな、もうこちらから返事を期待するのはやめよう、と思っていたときに、思わぬ電話をいただいた。「会いましょう」というお知らせだった。日程を調整して、家族にも告げ、父を連れてそのお宅へ訪問した。一家全員で玄関でお迎えをうけた。涙がこぼれた。今までの思いがはちきれた瞬間だった。母の分まで涙した。あっという間の3時間。再会を約束して、年老いた恩人のご夫婦や娘さんたちとお別れをした。家の角の道まで、足が悪いのにもかかわらず見送っていただいた。「また来てね」ということばに、また涙があふれた。私のルーツの方々。アパートの裏の銭湯に、私を連れて一番風呂に入れてくれた恩人。父曰く、お前の第二の母親だ。まさにそうである。しかも、今回の訪問で初めて知ったことだが、父も恩人のご主人も同じ昭和3年1月生まれ、しかも母同士が昭和8年生まれ。そんな境遇が、50年たっても強い絆となっているのだろう。今もアパートのあった京浜急行のある駅。京浜急行の朱色のボディーを見ると、今でもあの時代に戻る。懐かしき良き時代、私のルーツになった京浜急行。近くの海の潮の香りが、今も忘れることができない。体に焼き付いている記憶。恩人のおばさん曰く、「朝起きて、アパートの2階
からゆっくりと1階に下りてくる幼児の足音、そのうち自分たちの部屋に入ってくる幼児の顔、それが、あなた」。そんな幼児期を過ごした下町、今はもうなくなったアパート。母がなくなる前に、長男と父と母とアパートの跡地に訪れたことがある。その当時から商売をされている八百屋さんのご主人夫婦と母が、いつまでも長話をしていたことを思い出す。「また連れてきてね」と言った母。かつて存在していたオールウェイズの世界のような古びた威権のあるアパート、今はどれも、いない。しかし私の心には残り続ける。まるで、ジョンレノンのインマイライフのような景色が私の心の中にある。私のルーツ。。。。。
nice!(0)  コメント(0) 

夢叶う・リッキーさんとのジョイント!

元リボルバーのメンバーのリッキーさんが再度、地元の小手指サウンドストーンでライブを行いました。仕事の終了を確認してすぐさま直行。台風上陸の最中でしたが、雨にも負けず、風にも負けず、心の動揺を抑えながらライブハウスへ。見知らぬ方同士で1つのテーブルまで案内され、いざ本番時間。ギターを弾きはじめたとたん、鳥肌全開。アッという間の第Ⅰ部。休憩時間にさらに第Ⅱ部開始。しばらくして恒例のセッションタイム。マスターに皆んなの前で紹介され、手招きされてしまい、かなり仕事疲れでアルコールが回っている中、足元をを確認しながらステージへ。横にはリッキーさん。「何やりますか?」という言葉に、考えぬき「Don't let me down」と答えてしまい、もっと違う曲がよかったかなと思う間もなく、イントロ。あっという間の4分程度の時間。ポールのハーモニーを担当してくださり、涙がでそうだった。受けがよかったのか、大きな拍手をいただき、しかもリッキーさんから手を差しのべ、握手をさせていただいた。手を洗いたくない、ということは、こういうことなんだなと実感。その後、ギター講座がはじまり、リッキーさんは帰宅。マスターと仲良くなったテーブル仲間とビートルズ談義、そしてギターで歌いまくり。気付くと12時を回りそう。酔いもすっかり回ってしまい、台風の暴風雨の中、徒歩で帰宅。夢のような時間を思いながら、夢の中。。。。
nice!(0)  コメント(1) 

同窓会

最近になって、「同窓会」に出かけた。職場をバックアップしていただた保護者の方々との再会であった。月日は流れ、数年経過しての再会であったが、懐かしい顔に再会すると、あの瞬間に戻った。「同窓会」には不思議な効果がある。同じ目的をもって、時には意見を交わし、時には協働した仲間。基本的には、腹の探り合いは不要の「同窓会」である。くつろいだ中時間だけが過ぎ、あっという間にお別れの時間。またの再会を誓って、またそれぞれの世界・自分の世界に戻る。ちなみに、中学校時代の「同窓会」は年に2回行われており、幹事の方にただただ頭が下がるが、結構再会の頻度は高いにもかかわらず、新しい話で盛り上がる。不思議な「同窓会」の力である。一方、年にもなれば、残念ながら、二度と再会が出来なくなってしまう友人もある。順番だから仕方がないが、これからはどんどん、その傾向は強まっていくのでしょう。しかし、「同窓会」に行くあの時、何故か自分の今の姿が気になる。皆にどう思われてしまうのか、気になるからであろう。今更腹を引っ込めることも出来ないし、二重顎を隠すことも不可能だが、「せめてあの頃に戻りたい」と常々思いながら「同窓会」の会場のドアーを勇気を出してくぐった瞬間、そんな思いが消える。「同窓会」には沢山の魅力が詰まっている。その「同窓会」も来月にまたある。今度は中華街ツアーである。魅力的な親父になるために、仕事に、バンドに励みたい。
nice!(1)  コメント(0) 

迷惑な「彼」

迷惑な「彼」。世界中が迷惑に思っている。ある意味、存在感抜群。どのテレビ番組でも「彼」を特集している。しかしながら、ここまで帝国化する力は、凄いものがある。決して肯定はできないが。国民に真実を伝えないシステムの構築。そこまでして守る国益、というか「彼」の利益。経済制裁などは、まったく苦にせず、突っ走る「彼」。そんな中、同じように自分たちの利益しか考えない国々のトップ。従って、バラバラの足並み。そこを見事に?見抜き突き進む「彼」。祖父を敬愛し越えたいと思うあまり、誰が見ても裸の王様のような特徴的な「彼」の「髪型」。本当に祖父を敬愛しているのでしょう。感心するほど、まめにカットしている。こんな世界の足並みの悪さ、「彼」の暴走は、いつまで続くのでしょうか。影響で、グアムの修学旅行も埼玉県4校はすべて中止。悔しがり落胆している生徒の顔が浮かぶ。経済損失も相当なものらしい。現在約7千人が旅行をキャンセルしたらしい。警戒すべきは本当は何なのか。「彼」の動向なのか。それともバラバラの国々なのか。そんな中、「日本死ね」ならぬ「W不倫死ね」の顛末。世界の混乱の中、日本の政治家はこんなことでいいのでしょうか。「このハゲー」も継続希望らしい。世界の動向を見据えながら、日本の行く末も大いに気になる。一方、音楽は中立。しかもパワーがある。素人ながら中立である音楽を続けていきたいものだ。周りから、迷惑な「あなた」と言われないように。。。。
nice!(0)  コメント(0) 

「リンゴ特集」ライブ終了

下北沢のブレスにて「リンゴ特集」のライブを行いました。当日は下北沢のお祭りで、商店街はいつも以上に活気がありました。午前は仕事だったので、そのままスーツで車に乗り下北沢へ。結構渋滞でしたが、いつものパーキングへ駐車完了。集合時間が30分間にあったので、近くの喫茶へ。500円のブレンドで、出たのがミニカップ。エスプレッソ??と思いながらいただくが、これまた絶品!!久しぶりに美味いコーヒーをいただいた。両サイドの方々がたばこをふかすが、コーヒーの香りが強く、気にならない。これが本当の喫茶。10分前になったので、あわててライブハウスへ。メンバーと合流し、順番が来てリハ。セット込で20分。セットしただけで15分!! 2曲確認を終え、いざ休憩。待つこと90分。オープンとなり再度来店。初めのバンドのライブを堪能。マイラブのB面を演奏するほどマニュアなバンド。そして私たち。あっという間の40分でした。リンゴの知られた曲よりも、おそらくは隠された名曲が絶賛されました。選曲がきっとよかったのかな。それにしても、いつもと同じように、必ず何かあるのがライブ。いろいろ小細工を考えてステージに上がるが、気持ちの方が上がってしまい、いつも惨敗。こんなことを繰り返して、腕を磨くのでしょう。月一とはいわないが、機会を増やし、バージョンアップを図りたいと思ったのは、私だけではなかったかな。。次回は11月23日のウェルカムバックの第120回ビートルズ大会。バージョンアップしたリンゴ特集に全力を尽くしたいです!!
nice!(1)  コメント(0)