So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

市谷台からの景色

久しぶりの休みを活用して、市谷にある防衛省の施設見学ツアーに参加した。物々しい警備の中をIDカードを受けとり、ゲートを通過し、いよいよ本丸へ。六本木から新しくなった施設の建物を通り越し、あの建物の前に。教科書で見慣れているはずの記念館(第一庁舎)は意外と小さかった。ここで東京裁判も、三島事件も起きた場所、と思えないほど整っていた。感慨にふけっているときに、ガイドさんからの声かけを聴き、いよいよ中へと進む。靴を脱ぎ、青いスリッパに履き替え、大講堂へ。そこは別世界だった。奈良材の寄木をいくつも重ねた床。しかもよく見ると、歪んでいる。というよりも山なりになっている。正面には玉座が凛凛と立つ。そんな冷静な観察も中断され、ガイドさんの指示のとおり準備された椅子に座り、ビデオを視聴する。この大講堂の歴史を教えてくれるビデオであった。東京裁判のシーンでは、ビデオを止めて、実際の現場で検証までしてくれる防衛省のサービス。ビデを終了とともに、大講堂での自由見学。様々な展示物を満喫するには時間がない。一気に見学した後にトイレ休憩。そして、もともと2階にあった1階の大講堂を後にして、2階へと誘導される。もともと建物は陸軍師範学校の建物。最初に案内されたのは校長室。のちに大本営では、陸軍大臣室。そう、あの三島事件の現場の部屋。部屋のガラスからバルコニーを臨む。三島由紀夫が演説をしたバルコニー。三島と同じ目線で世間を観る。なんともいえぬ感情が湧く。さらに扉には三島が切りつけた刀の傷跡が三か所。本気度を体で感じた瞬間だった。さらに隣の部屋へ。天皇が控えていた特別部屋。昔風のエアコン完備の部屋。どんな思いで控えていたのか。。。何枚か写真を撮り、外へ出る。そこで見学者の点呼。こんな場所に一人で残る人がいるとは思えないが、防衛省のルーチーン。その後、様々な場所に案内されたが、あの記念館の放つ異様な空気に勝つ場所はなかった。最後は、殉死された方々の記念塔へ。そして解散。帰り道は、三島の顔が脳裏に浮かび、どうも落ち着かない。自身で腹をさばき亡くなったが、常人ではできないくらいの傷だったらしい。腸は腹から飛び出し、眼は見開き、体は硬直したため、うまく首を落とす介錯が出来ず、役割を担った森田氏は3回損ねたそうだ。その本人は仲間に一発で介錯されたという。盾の会という思想集団を率いた三島由紀夫。覚悟を完全にした末の結末。言葉がない。そんな市谷台を去る時に、どこからともなく流れてきたビートルズ。1970年の三島事件、1970年のビートルズの解散。どれも大きな時代の一事件だったのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 

3度目のリッキーさんとジョイント

あのリッキーさんと地元所沢のライブハウス・サウンドストーンでご一緒させていただきました。ライブは3回目ですが、前回は実現できなかったものの、今回はマスターの声かけで、ステージでリッキーさんとご一緒させていただき感激。今回のライブは2部構成。1部は、ガットギター中心のパターン。なんと、ポールのNo more lonely nights をギター1本で再現。圧巻の演奏でした!! そして2部はバンド編成。このライブでは初めてエレキのリッケンバッカーを弾きまくっていました。いい音、そしていい感じのボディー色。つやがなくなりかけた渋みがたっぷりしみ込んだリッケン。ストラップはオリジナルで「RICKY」の文字が刻まれていた。そして、そして、And your bird can sing を歌わせていただいた。ハーモニーまでつけてくれ、涙がでそうだった。色々アドバイスもいただきました。その1「どうやって声を維持しているのでしょう」、帰宅後は常にうがいを重視していること。睡眠時間を確保すること、だそうです。その2「ライブ中は誰に向かって歌っているのでしょうか」、もちろん目の前の観客の方々ですが、ある特定の方を目に浮かべて歌うこともあるそうです。その3「ボーカルのパワーはどこからくるのでしょうか」、ステージに上がると人格が変わってしまい、いつ倒れてもいいくらい一生懸命に思い切りはりきってしまうそうです。そんなリッキーさんのような格好いいオヤジになりたいものだ。次回は1月あたりに所沢にいらっしゃるそうです!!デビュー45周年、まだまだ若い67歳のリッキーさんでした。
nice!(0)  コメント(0) 

主役とは。

テレビやマスコミでは騒がしい。そう「パワハラ疑惑」である。政治の世界しかり、スポーツの世界しかり。「高圧的ないい方はしていない」とパワハラ側本人の言い分。ちょと待ったである。「そんないい方はしていない」という「そんないい方・パワハラの高圧的ないい方」かどうかは、言われた側本人が決めることである。自分の放った言葉を放った本人が後付けで分析・評価することはできない。評価・判断するのは第三者委員会でもなく、言われた本人が判断することだ。いったい主役はだれ?そもそも力の上(人間関係の力学上)の人が2人、呼ばれた人1人という構図そのものが、パワハラである。そんなことも分かっていない発言者、そしてマスコミ。言った言わないが問題ではない、そんな小学生の喧嘩レベルで事を進めてはいけない。パワハラの認識、相手の立場にたって感じる力こそ一番重要である。自分の感情には敏感なくせに、不利・不利でないというさじ加減には敏感なくせに、相手がどう思い・どう感じるのかを感じない力の無さが問題である。財務省などの「忖度」も同じ。一番上(行政上のトップのあの方)にどう思われるか、よく思われるように行動したい、自分の利益になるようにふるまいたい、そんな気持ちが「忖度」。忖度をさせてしまうこと自体がパワハラが働いたという証拠。一番上のあの方は、いまだに「私からは何も言っていない」という発言。人間のコミュニケーションの8割以上は非言語、すなわち言葉以外の表現・雰囲気、いわゆる空気。相手は言葉でなく、空気をしっかり読み取り対応した「忖度した」ということ。意識が薄い大人が多すぎる日本。全世界的に「自分ファースト」の嵐。過日亡くなったアレサ・フランクリンさんの葬儀で、スティービーワンダーが言った言葉を全世界の大人に捧げたい。「愛をもって、愛だけが、この世界をもっとよくしてくれる」。アメリカのTさんの言葉を皮肉った素晴らしい言葉。皆さん忘れていませんか。愛とは何でしょうか。自己愛の前に他人愛。まさに、All you need is LOVE ならぬ All we need is LOVEでしょう。なんだか歌いたくなった。。。
nice!(0)  コメント(0)