So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

市谷台からの景色

久しぶりの休みを活用して、市谷にある防衛省の施設見学ツアーに参加した。物々しい警備の中をIDカードを受けとり、ゲートを通過し、いよいよ本丸へ。六本木から新しくなった施設の建物を通り越し、あの建物の前に。教科書で見慣れているはずの記念館(第一庁舎)は意外と小さかった。ここで東京裁判も、三島事件も起きた場所、と思えないほど整っていた。感慨にふけっているときに、ガイドさんからの声かけを聴き、いよいよ中へと進む。靴を脱ぎ、青いスリッパに履き替え、大講堂へ。そこは別世界だった。奈良材の寄木をいくつも重ねた床。しかもよく見ると、歪んでいる。というよりも山なりになっている。正面には玉座が凛凛と立つ。そんな冷静な観察も中断され、ガイドさんの指示のとおり準備された椅子に座り、ビデオを視聴する。この大講堂の歴史を教えてくれるビデオであった。東京裁判のシーンでは、ビデオを止めて、実際の現場で検証までしてくれる防衛省のサービス。ビデを終了とともに、大講堂での自由見学。様々な展示物を満喫するには時間がない。一気に見学した後にトイレ休憩。そして、もともと2階にあった1階の大講堂を後にして、2階へと誘導される。もともと建物は陸軍師範学校の建物。最初に案内されたのは校長室。のちに大本営では、陸軍大臣室。そう、あの三島事件の現場の部屋。部屋のガラスからバルコニーを臨む。三島由紀夫が演説をしたバルコニー。三島と同じ目線で世間を観る。なんともいえぬ感情が湧く。さらに扉には三島が切りつけた刀の傷跡が三か所。本気度を体で感じた瞬間だった。さらに隣の部屋へ。天皇が控えていた特別部屋。昔風のエアコン完備の部屋。どんな思いで控えていたのか。。。何枚か写真を撮り、外へ出る。そこで見学者の点呼。こんな場所に一人で残る人がいるとは思えないが、防衛省のルーチーン。その後、様々な場所に案内されたが、あの記念館の放つ異様な空気に勝つ場所はなかった。最後は、殉死された方々の記念塔へ。そして解散。帰り道は、三島の顔が脳裏に浮かび、どうも落ち着かない。自身で腹をさばき亡くなったが、常人ではできないくらいの傷だったらしい。腸は腹から飛び出し、眼は見開き、体は硬直したため、うまく首を落とす介錯が出来ず、役割を担った森田氏は3回損ねたそうだ。その本人は仲間に一発で介錯されたという。盾の会という思想集団を率いた三島由紀夫。覚悟を完全にした末の結末。言葉がない。そんな市谷台を去る時に、どこからともなく流れてきたビートルズ。1970年の三島事件、1970年のビートルズの解散。どれも大きな時代の一事件だったのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 

3度目のリッキーさんとジョイント

あのリッキーさんと地元所沢のライブハウス・サウンドストーンでご一緒させていただきました。ライブは3回目ですが、前回は実現できなかったものの、今回はマスターの声かけで、ステージでリッキーさんとご一緒させていただき感激。今回のライブは2部構成。1部は、ガットギター中心のパターン。なんと、ポールのNo more lonely nights をギター1本で再現。圧巻の演奏でした!! そして2部はバンド編成。このライブでは初めてエレキのリッケンバッカーを弾きまくっていました。いい音、そしていい感じのボディー色。つやがなくなりかけた渋みがたっぷりしみ込んだリッケン。ストラップはオリジナルで「RICKY」の文字が刻まれていた。そして、そして、And your bird can sing を歌わせていただいた。ハーモニーまでつけてくれ、涙がでそうだった。色々アドバイスもいただきました。その1「どうやって声を維持しているのでしょう」、帰宅後は常にうがいを重視していること。睡眠時間を確保すること、だそうです。その2「ライブ中は誰に向かって歌っているのでしょうか」、もちろん目の前の観客の方々ですが、ある特定の方を目に浮かべて歌うこともあるそうです。その3「ボーカルのパワーはどこからくるのでしょうか」、ステージに上がると人格が変わってしまい、いつ倒れてもいいくらい一生懸命に思い切りはりきってしまうそうです。そんなリッキーさんのような格好いいオヤジになりたいものだ。次回は1月あたりに所沢にいらっしゃるそうです!!デビュー45周年、まだまだ若い67歳のリッキーさんでした。
nice!(0)  コメント(0) 

主役とは。

テレビやマスコミでは騒がしい。そう「パワハラ疑惑」である。政治の世界しかり、スポーツの世界しかり。「高圧的ないい方はしていない」とパワハラ側本人の言い分。ちょと待ったである。「そんないい方はしていない」という「そんないい方・パワハラの高圧的ないい方」かどうかは、言われた側本人が決めることである。自分の放った言葉を放った本人が後付けで分析・評価することはできない。評価・判断するのは第三者委員会でもなく、言われた本人が判断することだ。いったい主役はだれ?そもそも力の上(人間関係の力学上)の人が2人、呼ばれた人1人という構図そのものが、パワハラである。そんなことも分かっていない発言者、そしてマスコミ。言った言わないが問題ではない、そんな小学生の喧嘩レベルで事を進めてはいけない。パワハラの認識、相手の立場にたって感じる力こそ一番重要である。自分の感情には敏感なくせに、不利・不利でないというさじ加減には敏感なくせに、相手がどう思い・どう感じるのかを感じない力の無さが問題である。財務省などの「忖度」も同じ。一番上(行政上のトップのあの方)にどう思われるか、よく思われるように行動したい、自分の利益になるようにふるまいたい、そんな気持ちが「忖度」。忖度をさせてしまうこと自体がパワハラが働いたという証拠。一番上のあの方は、いまだに「私からは何も言っていない」という発言。人間のコミュニケーションの8割以上は非言語、すなわち言葉以外の表現・雰囲気、いわゆる空気。相手は言葉でなく、空気をしっかり読み取り対応した「忖度した」ということ。意識が薄い大人が多すぎる日本。全世界的に「自分ファースト」の嵐。過日亡くなったアレサ・フランクリンさんの葬儀で、スティービーワンダーが言った言葉を全世界の大人に捧げたい。「愛をもって、愛だけが、この世界をもっとよくしてくれる」。アメリカのTさんの言葉を皮肉った素晴らしい言葉。皆さん忘れていませんか。愛とは何でしょうか。自己愛の前に他人愛。まさに、All you need is LOVE ならぬ All we need is LOVEでしょう。なんだか歌いたくなった。。。
nice!(0)  コメント(0) 

ポール7回目の来日!!

ポールが7回目の来日を発表した。東京2回・名古屋1回という内容。待てよ、である。3回のコンサート、しかも東京の後の名古屋までの間があいている。ということは、追加公演がある、ということであろう。未だ発表されていないが、期待値100である。というのも、東京2公演は、私の沖縄出張と被っている!!なんということか!しかも名古屋は重要な仕事の出勤日。なんと、なんと。ポールの嫌がらせ?と思ってしまうほど。今の私はファンを中心とした「ポール来日追加公演説」をおおいに支持する、というわけである。親子3人での新潟・長野の珍道中に知ったポールの来日。これは、何が何でも行くしかない、が。仕事であれば。。。ここ数日、追加公演の情報で、寝ることのできない日々が続く。なんとかしてください。ポール!!
nice!(0)  コメント(0) 

ああ、悲しい。

最近ある本を読んだ。ローマ法王といういい方は誤りで、ローマ教皇が正式。明治時代から直さない外務省。法王は浄土真宗でのいい方。つまり仏のいい方。それよりローマ法王は結婚が許されない。理由は権限・権力を維持していくため。直系の子孫に継承する方が、権力の維持につながるという考えはNG。子孫に継承していけば、必ず腐る。世の中を腐らさないために独身を貫く。同じようなパターンが中国の昔の時代の宦官。睾丸をぬかれて女性化させて、威力をそぐ、と高校時代に教わったが、どうも違うようだ。宦官の存在は、ローマ法王と同じ。つまり、子孫を継承させないこと。そうやって、自分の権限・権威を維持したのが歴史の常識。ところで、日本は?総裁選が話題になりつつある。様々な法律が強硬採決されてきた。「政治家の子孫継承はやめよう」という法律は、わが国では芽生えないらしい。悲しい。彼らが、日本の将来を考え、本当の意味での力のある首相を生みたいのであれば、継承権禁止の新法は必然であろう。悲しい現実。議席を増やし、子孫の席を増やすことが大事らしい。被災された地の頼りになるのは、ボランティア。そんな先進国はあるのだろうか。秋には、○○党で総裁選があるらしい。一人勝ちを許すような構図は腐敗への道。さて、○○首相の子孫は?その心配はないが、いないがゆえに、子どもや女性に厳しい政権。子育てを知らない方ですから、仕方ないが。ああ、悲しい。そんなことを考えているから、悲しい。悲しい時には、ビートルズのロックを聴いて、一時的に逃避できる。ビートルズの連中も、子孫に継承はさせなかった。というか、偉大すぎて、継承できなかった、という言うべきか。ああ、悲しい。
nice!(1)  コメント(0) 

祈願・台風一過

大型台風12号が上陸している。これまでの酷暑に続く異変である。これだけ気候の変化が激しいのには閉口する。やりたいことが特にあるわけでもないが、なんだかやる気が失せる。出鼻をくじかれたというか、これでもか攻撃が来ると、とにかく気が滅入ってしまう。素朴な疑問だが、よくもこんなに多くの雨が空から降ってくるものだと感心する。もちろん海からの水分が結局は雨となっているのだろうが。恐るべし天の力である。こんな時こそ、読書に励むのがいいのかも。。。 早く来い、来い、台風一過。
nice!(0)  コメント(0) 

セカンドオピニオン

HPのソフトを大幅に改定してバージョンアップを行った。簡単にいくと思いきや、これが大きな間違え。様々な紆余曲折を経て、なんとかアップできた。ソフト開発会社も大変だと思いながら、会社によってはヘルプ対応のレベルが違うことも判明。パソコンそのものを空にして、再度インストールなどという誰もが考えそうでも言わないような助言をいただく場面もあり、かなり困惑。担当が替わるとそのような助言はない。まさに、医者に行って手術を勧められて、「待てよ」と思い、セカンドオピニオンに頼って違う診断となり、手術を免れる、といったような状況と酷似。この世界においても、セカンドオピニオンは大事だ、と改めて感じた今日この頃。文句を言ってしまった対応の方、ごめんなさい。でも言うことをきかなくて治りました。めでたし、めでたし。
nice!(1)  コメント(0) 

春の疲れ

下北沢での音楽祭が無事に終わった。ものすごい酷暑の中、条件は皆バンドは同じというものの、バテた。炎天下の中での演奏は57歳には堪えた。しかも前日に忘れてはいけないと思い、カポをギターのポケットにリックから移したことを忘却。本番になって、ないことに気づいたが、どこに置いたか気づかなかった。結果、その曲だけは、カポなしで演奏もせず。かなり気持ちを入れてきただけに、残念。。。。しかも、演奏終了後、軽い熱中症?で動けず、呼吸も厳しく下痢気味症状。そう脱水症状そのもの。なんとか水分を補給して、2時間くらい休んで、帰宅へ。帰宅後も顔の火照りは収まらず、日焼け状態。ボーッとしながらHP編集をしていたせいか、ボタンを間違え?うまく以後キ同出来ず。バージョンも古かったので、急遽新バージョンのソフトを購入し、孤軍奮闘。なんとかトップページは完成したものの、他のページ編集が手に負えず。数日後に業者のヘルプを待つしかないか。。。ああ、春の疲れが今頃やってきた。知力・気力・体力の3つの力、なんといっても大事なのは「体力」とつくずく想う今日この頃。だれか、Help me!
nice!(1)  コメント(0) 

7月8日(日)下北沢音楽フェスタ・下北沢スクエア登場へ

7月7日・8日の両日にかけて下北沢周辺で音楽祭が開かれます。その一環で、下北沢駅の前にある下北沢スクエア(広場)において、ビートルズに特化した野外ライブがあり、カーネルサンダーが登場します。日にちは7月8日(日)七夕・リンゴの誕生日の翌日。時間は現在調整してもらっています。さて、気になるのが演奏リストですね。今回は参加バンドは必ずテーマをもって演奏することになっており、カーネルサンダーは「動物」をテーマに。ちなみに、リスト案は①And your bird can sing ②Hey Bulldog ③Octopus's garden ④Piggies ⑤Ode to Koala Bear ⑥I am the Warlusといった選曲。異色ともいえる選曲ですが、マニュアにはたまらない選曲でしょう。さて、これから練習再開です。7月8日(日)雨天決行だそうです。こうご期待!!
nice!(0)  コメント(0) 

思わぬ訪問者

部屋で仕事をしていた時、「ドンドン」と1階の仕事部屋の外の窓をたたく音。えっ?おばけ?と勇気を出して後ろを振り返ると、そこには女性の影が2つ。夕方だったので、やはり、おばけ?と、もう一度振り返る。「開けてください」「正面玄関が閉まっているので」という声。おばけでなかった。大きくうなずき、正面玄関のロックを解除して2人を向かいいれた。「はじめまして」と女性2名が自己紹介。「あ、はじ  め まして」とうまく返答できない私。差し入れに来ましたと、いきなり来訪の理由をいう。「下北沢のライブよかったです」「楽屋に入れなかったので、今日もってきました」という発言に私の目は点。そうか、どうやらこの人たちは、あの現場にいたらしいと判明、理解。「よかったので、またどうしても差し上げたくて来ました」4曲しか演奏しなかったのに、心底嬉しかった。家に帰ってクッキーをほおばる。そんな瞬間のために、続けてきてよかった!次は7月下北沢の路上ライブ! 頑張っていくぞ! 今度はクッキーでなくて、クラッカーが欲しいな。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。