So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

思わぬ訪問者

部屋で仕事をしていた時、「ドンドン」と1階の仕事部屋の外の窓をたたく音。えっ?おばけ?と勇気を出して後ろを振り返ると、そこには女性の影が2つ。夕方だったので、やはり、おばけ?と、もう一度振り返る。「開けてください」「正面玄関が閉まっているので」という声。おばけでなかった。大きくうなずき、正面玄関のロックを解除して2人を向かいいれた。「はじめまして」と女性2名が自己紹介。「あ、はじ  め まして」とうまく返答できない私。差し入れに来ましたと、いきなり来訪の理由をいう。「下北沢のライブよかったです」「楽屋に入れなかったので、今日もってきました」という発言に私の目は点。そうか、どうやらこの人たちは、あの現場にいたらしいと判明、理解。「よかったので、またどうしても差し上げたくて来ました」4曲しか演奏しなかったのに、心底嬉しかった。家に帰ってクッキーをほおばる。そんな瞬間のために、続けてきてよかった!次は7月下北沢の路上ライブ! 頑張っていくぞ! 今度はクッキーでなくて、クラッカーが欲しいな。
nice!(0)  コメント(0) 

下北沢・タウンホールでのライブ終了

5月12日(土)かなり前から準備が進んでいた企画「A Day in the Life」に参加させていただいた。11組の様々な分野で活躍している方々ばかり。なんだか場違いな気もしたが、折角のお声かえをいただき、本番に備えていた。私たちのバンドの担当は中期・後期、具体的にはイエローサブマリン+ホワイトアルバムから4曲指定。教員バンドであることを司会者がバラし、あえてそれを承知で演奏。Back in the USSRでオープン二ング。いきなり自分のギターの音が拾えない。即刻ボリュームアップ。そして2番の歌詞が飛んでしまい、濁しながらも歌う。1曲終了でMC、一応掴みはOK。2曲目はHey, bulldog。声も裏返ることなく終了。さすがにタンバリンを叩きまくった右足のモモが痛い。3曲目はMCなくして、そのままキーボードのロックなピアノで始まる。懸案だったSee how they runの3声コーラス。モニターからは自分の音しか出ないので、確認出来ず。まあ、いいかと最期の曲。メンバー紹介で、いつものようにウケをいただき、メッセージを語りながらエンドへ。お客さんと共にAll you need is LOVE。歌っていただいているのがわかり、ちょっと胸キュンになる。PAで今回の企画運営を担当されていた小野寺さんの顔も見え、「ありがとう!!」と心の中で叫びながら、She loves you,yea。。。と締めくくり無事終了。それにしても様々な出会いをしました。その後の打ち上げでは、参加者の方々が集まり、ビートルズ談義。どこからともなく、ビートルズの曲を歌い出す。現役の大学生からお爺ちゃん?の方々まで、幅広い年齢層をカバーしているビートルズ。改めて単なるバンドでない「凄さ」を感じた反省会でした。B研の仲間にも会え、昔話もしました。女性バンドの方々とも交流。みんな生粋のビートルズファンでした。恐るべし、ビートルズ。。。それにしても疲れた。
nice!(0)  コメント(0) 

4月病。。

4月がはじまり新体制・新組織・新学期と世間では忙しい毎日。3月末の別れを惜しんでいるほど現実は甘くなく、4月は次々押し寄せるプレッシャーの嵐。新しい顔ぶれの方々も早く慣れて欲しいと気を遣い、これまでのスタッフとは一層総力がアップするように配慮しながらのスタート。気がつけば4月15日。4月から15日も経過していた。そんな中、5月にはバンドライブが2本入っている状況。今の忙しなさを予想していたら、こんな無理はしなかっただろうが、こうなったら全力でいくしかない。20年以上もバンドを続けていると、色々出てくるもの。音の敏感さや他メンバーの音も気になってくる。それだけ進歩したのだろう、と思いつつ、自戒の気持ちも忘れないでいないと、ビートルズの後期のように不協和音となってしまう。お互いに無理しない範囲を超えないように、気を遣いながら、バンドを続けることが大事と思う。そんな中、5・3ライブはリンゴの特集の総集編。ジョン・ポール・ジョージ・リンゴのソロ活動に焦点をあてたライブを展開してきたが、これから、また新たなる方向を模索していきたい。さらに5・12は下北沢のタウンホールでのライブ。久しぶりのホールでのライブ。なんだかワクワクする。一方で、本番時間に全メンバーがギリギリで到着するという状況もあり、ワクワクよりもドキドキの感じ。企画していただいたスタッフに応えるように、頑張るしかない。4曲15分だが、結構レアは選曲。みんなで作り上げるライブイベントに少しでも貢献したい!!4月病なんて言っている場合でないのかも。。
nice!(0)  コメント(0) 

新年度・始動!

新年度が始動しました。この日本という国では4月始め、という形を様々な場面で採用されている。学校はもちろんのこと、会社なども同じだ。異動となって新たなる新天地で新生活となる方々は、より一層大変だろう。昨年度は私も異動で大変であった。さらに3年前は職種が替わった異動、しかも母の死去も伴い、頭の中が沸騰していたことを思い出す。今日はあれから3年経過し、父と奥さんと3名で墓参りをした。あの日は曇り空。やや雨も降っていたように記憶が残っている。亡くなってからの手続きが忙しなく、言われるがままの状況であった。結婚式などの慶事は嬉しいが、葬式などの弔事は悲しいし、いいものでない。とにもかくにも、新しい年度は新鮮そのもの。いくつになっても緊張するし、また「よし、やってやるぞ!」と気持も高ぶる。早くして散ってしまった桜の花びらを拾いながら、想う。今日この頃。
nice!(0)  コメント(0) 

春・出会いと別れ

春は出会いと別れ。卒業式と入学式。転勤と異動。定年と退職。出会いがあれば、必ず別れがある。出会いはワクワク楽しいが、別れは物悲しい。そんな自分も昨年は異動で新天地にお世話になり、1年が経過した。緊張と不安、期待と困惑、複雑な気持ちで新天地でお世話になり、去る方々を送る立場になった。やはり寂しいものがある。しかし、どこかで区切りや節目がないと、これまた緊張感が保てない。人間や世の中はうまく出来ているものだ。年度末の忙しなさが、人との別れを惜しむ時間さえ奪っているせいか、ものすごく落ち込むこともなくて済んでいるのかもしれない。そう考えれば、出会いと別れは表裏一体。今年度もあとわずかで終わる。アッという間の1年間であった。充実していたのだろうか。ルーチンに流されずにいれただろうか。そんなことを1週間も早まった満開の桜を見ながら想う。
nice!(0)  コメント(0) 

共感力と涙腺の関係

卒業式のシーズン。仕事以外に3つの卒業式に出させていただいた。高校と中学校と幼稚園。期待通り「グッとくる」現象を避けることはできなかった。何にも利益利潤や関係が深いわけでもないのに、何故か涙腺は自分の意に反してしまう。何故だろう。あえて言えば、共感力でしょう。相手の感動している心境に自分の触角が反応してしまう。また、保護者の気持ちや先生方の気持ちが理解できる、ともいえるだろう。いずれにせよ、理屈ぬきで涙腺は緩みっぱなし、という状況。学校側からすると、結構多い考えは、「感動や涙を流さない生徒がいる、ということは、それだけの教育しかしなかった」「泣かない卒業式はダメ」と言ったこと。そんなことはないと思うが、涙腺が自由な自分にとっては、そのような意見は関係ないだろう。幼稚園の卒園式で、思い出の呼びかけや歌のシーンで、最初から泣きっぱなしの児童を見かけた。泣きじゃくり過ぎて、逆に心配なほどだった。おそらく本人も何でこんなに泣いてしまうのか自己分析できなかっただろう。初めての心の動きだったかもしれない。そんなことを考えて様子を見ていたためか、「頑張れ!」と叫びたくなった。そんないじらしい児童は涙でいっぱいであったが、とても輝いていた。将来が楽しみだ。さて、園長さんとの会話の中で、「今日は泣かないように心がけました」と。どうやって泣かないようにするのか。曰く、「般若心経」を心の中で唱え続ける、らしい。今度、涙腺が緩み始めたら、唱えてみよう。しかし、園長さんは続けてこう言われた。「しかし、泣きたくなったら泣く。泣くという心理状態を児童に見せることも教育。また、涙を流すことに対して自然に任せばいい」まさに、Let it beである。やはり、私は決めた。お経を唱えるのはやめて、自然に任せる。言い訳がましいが、それも教育かもしれないと思う。Let it be。
nice!(0)  コメント(0) 

3.11から7年

今日は3.11.あの日から7年の月日が経つ。今日はどこのテレビジョンでも、東北震災関連の番組ばかり。当たり前のことではある。しかし、どこか余所余所しい。当時、放射能に汚染された瓦礫を受け入れる自治体を探したが、東京都が一部の受け入れを表明しただけで、あとは「無理」の回答。まさに「県民ファースト」である。それでいて、福島から生み出し、運ばれてくる電気を平気で使っている。状況は今も変わらないどころか、ますます「○○ファースト」は加速している。自分さえよければいい、という姿勢は格好よくない。オリンピックでメダルを取ったアスリートの口癖「皆さんのおかげです」。自分のこととなると、「みなさん」は消えていく。今こそ、「みなさん」の気持ちを確認する時ではないだろうか。3.11はそんなことを教えてくれた。人は本当にショックを受けると、その時の状況が記憶として残らないように、いわば防衛機制が働くようである。目の前で、手をつないで頑張って励ましていた祖母が力尽きて津波に飲み込まれていく瞬間。屋根の上で励まし合いながらつながっていた夫婦の妻が瓦礫で姿が突然消えた瞬間。体験された方々は、みな口にする。「記憶がない」。そんなショックを体験され、本人は覚えていないし、また思い出すこともできない。復興は切れ目なく続けていくことを誓います、と某総理大臣。記憶があるくせに「記憶がない」と言っている方に、東北の方々の気持ちはわかるまい。合掌。
nice!(0)  コメント(0) 

でこぼこ家族歌合戦

カラオケは基本的に好きでない。以下は私の個人的な考えなので、それを承知の上で、お読みいただければと思う。作られた音に、合わせるように声をあてていく。そもそも音はオリジナルでなければならない。しかも、作られたカラオケの音に、自分の声を乗せていく、という感覚もどうも好きにならない。しかし、カラオケの目的を「歌うこと」に限定しなければ、それでもOKかなと思う。過日、娘と高齢の父と3人で一室にこもった。初めての孫と共にカラオケに入る父であった。最近高齢化とともに聞こえも厳しくなってきた。しかし、カラオケの音楽が鳴り出すと、そんなことは微塵も感じない、見事な歌いだし。立て続けに、5曲ほど一気に歌いきった。娘は「凄いね、音程も声量もしっかりしているね」と目を丸くしながら、白い歯を見せていた。最初は、遠慮しながら、というのも父の誕生日祝い、という位置づけてカラオケに誘ったので、父を中心とした歌合戦にしようとしていた。が、いつ頃からか、私と娘のステージになっていた。最初から飛ばしすぎた父は、「もう十分。歌いすぎた。若い子は元気で声量もあるね」と娘と同じように、やや白い歯を見せて笑っていた。後半に再び父のステージ。あっという間の3時間であった。それにしても父は村田英雄、娘はポルノグラフィティ、わたちはもちろんビートルズ。かなり偏向したミュージシャンと選曲。でこぼこ家族歌合戦の一コマ。父も90歳。
nice!(0)  コメント(0) 

3連休

3連休があり、本日で終了。1日目は掛かり付け医者の診察+薬局で午前が終了。午後一で息子とスーパー銭湯三昧。あっという間の1日目終了。2日目は、中学校のミニ同窓会。実家の近所のエジプト料理レストラン。小学校・中学校が同じだった2名の女性の友人。なぜか不思議な3人組。当時なら噂になってしまうだろうが、55も過ぎてしまうと、本当の友人。小学校時代や中学校の頃の武勇伝からはじまり、実は担任の先生とうまくいっていなかった、という告白まで登場。本当に思春期の真っただ中で、大変な混沌とした時代だったのでしょう。エジプト料理も決して香辛料臭くなく、むしろアッサリして美味。ビールが高い以外は、すべて良かった。さらに場所を替えて、ファミレスでおしゃべりの続き。現在の日本の状勢や教育課題などから世界の情勢にわたるまで、おしゃべり三昧。気がつけば夜時間。車で友人に送っていただき、ほろ酔い気分で帰宅。2日目の終了。3日目は実家の父を誘い出し、しばらく行っていなかった母の墓前。墓を掃除して、線香とお花を手向け合掌。昼は父と2人でうどん三昧。男同士で、沈黙時間が長いが、お互いに余計な言葉を吐かなくても、意思疎通は100%オーケー。午後は仕事関係で、市内の小学校へ。長女を連れて高校生たちが繰り広げる小学校でのイベントの進捗状況を観に行った。「凄い!」という月並みな言葉しか出ないくらい呆気にとられる高校生の力量の凄さ。完成した状況を想像しながら帰宅。途中でケーキの在庫処分専門店に寄り、衝動買い三昧。紅茶をいただきながら、購入したケーキ(冷凍)が解凍されるの待ちながらブログ。3日目が間もなく終わる。夕飯は長男のリクエストで「お寿司」。ボーっとしたのか、ゆっくり出来たのか分析しようのない3日間の連休。たまには、いいか。
nice!(0)  コメント(0) 

お客様は「神様」です。

誰かが昔、「お客様は神様です」という名言をいったことを思い出す。三波春夫さんだったと思う。下北沢ライブが過日無事に終了した。人気のバンドさんとご一緒できたので、多くのお客さんがいらした。そんな中、リンゴスターに特化したとんでもないライブ企画を行った。にもかかわらず、お客さんたちは私たちのマニュアックさに同調していただいたのだ。というよりも、無理して聴かないと次のバンドが出てこないから、という本音も混じって、実にいい思いをした。まさに、お客さんは神様。曲が進むにつれて、ますますマニュア度は強くなっていく。にもかかわらず、お客さんは乗せてくれる。なんといい方々だ!とジーンとしているうちに歌詞やコードを間違える。あっという間の40分。ほっとしたのもつかの間、「アンコール!」の大合唱。これまた、お客さんは神様。図々しく忘れかけていたWith a little help from my friendsを演奏。みなさん、ありがとう!!もう一度、「お客さまは神様です」。次回を楽しみにしたい。
nice!(0)  コメント(0)